ギア(道具)選び ウェア上下の選び方

おそらくほとんどのひとが最初に買うだろう道具がスノーボードウェア、ビーニー、グローブ、ゴーグルだと思います。

ウェアを選ぶときのポイントは以下の機能によると思います。

以下が私がウェアを選ぶときに重視しているポイントです。

フード(取り外し可能)フード(取り外し可能)【ジャケット】

フードですが天気が穏やかな時は全くもって必要がないのですが、吹雪いたときのリフトとか、
ゲレンデでかぶると暖かさを実感できます。
あったらあったで首周りもあたたかいです。
襟元に収納できたり、取り外しができたりするウェアもあります。

ベンチレーションベンチレーション【ジャケット、パンツ】

ベンチレーション
日本語で言うと換気口でしょうか(苦笑)。
ジャケットの場合は2の腕の下や、胸についていることが多いです。
パンツの場合は腿の外側か、内側についています。
これはそのうち特集する予定のレイヤリングにおいて非常に重要なものです。

私は基本的に寒がりなので春以外は上半身はファーストレイヤー(インナー)、フリース、
シェル(ジャケット)を着込みます。なので天気がよかったり、気温が高いときはベンチレーション前回で滑ることによって暑い思いをしなくてすみます。
はっきり言って超便利ですよ〜〜。
もちろん前のZipをあければ空気は多少入ってきますが、ベンチレーションとZip両方をあけることによって、
風邪の通り道ができて非常に涼しくなります。軽く雪降っているときに暑くなってもOKです!

ドローコードドローコード【ジャケット、パンツ】

ジャケット、パンツの裾を絞って雪などの進入を防いだり、ジャケットのシルエットを変えたりするものです。
雪の進入に関しては パウダーガードと一緒に使うと効果が上がります。
ドローコードに関してはたいていのウェアがついていると思います。

パウダースカート(パウダーガード)パウダースカート(パウダーガード)【ジャケット】

パウダースカートとはジャケットの裾を2重構造にして内側を絞って雪の進入を防ぐためのものです。
とにかくスノーボードはケツからこけた時に背中から雪が入ってくることが多いです。
パウダースカートがついていればこれを最小限に食い止めることができます。
はっきりついているものを買ったほうがよいです。

なくてもドローコードで裾をすぼめれば多少入ってこなくはなりますが、
雪が多い時などには容赦なく入ってきます。
パンツに付いているパウダーガード(ウェストゲーターとも言います)と組み合わせると
さらに効果が高くなりますが、 ウェストゲーターがついているパンツは結構少ないみたいです。
なのでジャケットについているのを選びましょう!

 

以下あったらおすすめの機能です。

ウェストゲーター【パンツ】

ウェストゲーター
ウェストゲーターとはジャケットについているパウダースカートのパンツ版です。
最近ではパウダースカートがついているジャケットは多いですが、
ウェストゲーターはパウダースカートほどついているものはないようです。
パウダースカートと併用するとさらに雪が入ってくることが少なくなります。

チケットホルダー

チケットホルダー
ウェアにリフト券入れがあるものです。
私のウェアは上記の写真のようにパンツにチケットホルダーがついています。
袖についていたり、裾の裏(裾をめくるとチケットが見える)についているのもあります。
チケットホルダーは別売りで腕にかけたり、ゴーグルのバンドにつけたりと各社様々なものがでていますが、
ウェアに付いていると紛失の可能性が低くて便利です。

一時期はやった、首から提げるチケットホルダーはあまりおすすめできません。
いちいち出しているうちにしまい忘れてゲレンデで落としたり、リフト乗降中に引っかかったりすることがあり危険です。

裾上げドローコード【パンツ】

スノーボードパンツは基本的に大きめをチョイスするのが主流です。
しかし、ぶかぶかすぎて裾をこすってしまって大事なウェアがぼろぼろになるのを防ぐために、
カーゴポケットの中などに裾をあげるドローコードがついているウェアがあります。
裾をあげるためにスナップがついているものもあります。
裾のスナップとふくらはぎ裏にあるスナップをつなぐと裾をこすらない仕様になっています。

ハンドゲーター(インナーカフ) 【ジャケット】

パウダースカートの手首版みたいなものです。
袖口が柔らかく伸縮性のある素材になっており、親指をひっかけることにより雪の進入を防いでくれます。

防水(water proof)と撥水(water resistance)について

よく水をはじくウェアが機能が高く防水性が高いと思ってらっしゃる方も多いと思いますが、
それは正確ではありません。
水をはじくこと=撥水
水がしみこむのを防ぐこと=防水

といい、撥水と防水は違います。
撥水は表面の生地の加工であり洗濯の回数を重ねると性能が落ちる
防水は生地内面の性質なので性能はほぼ落ちない(破れない限り)と思われます

撥水性能が落ちたウェアは防水スプレー(正確には撥水スプレーですね〜この説明からいうと)を、
けちけちせずたっぷりと、したたる寸前くらいまでかけますかけまくるか、
タンブラー乾燥機(とけない温度で)に放り込むと直るといわれています。
乾燥機に放り込むのは熱で生地の表面の細かい毛が起きると言われており、
防水スプレーをかけたあとアイロンを軽くかけるとよいとも言われています。

耐水圧について耐水圧について

防水透湿性素材についてですが、
防水性は耐水圧(mm)という数値で表されます。
多分今も昔も耐水圧はゴアテックスが最強だと個人的に思っています(多くの人が思っていると思う)
最近のゴアテックスの耐水圧は最高で45000mm(ミリメートル)と言う数値がネットでみつかり(Gore-tex XCR)、
これはゴアテックス素材の上に筒をおいて水をその中にいれて耐えられる高さを測定し、
45000mm=45メートルの高さの水圧に耐えられるということです。
耐水圧
こんな感じです。

透湿性について透湿性について

透湿性はg/m^2(平方メートル)/24hという単位らしいです。
意味は24時間に1平方メートルの生地に追加する水分量(水蒸気か)のグラム らしいです。
(間違ってたらすいません)

防水透湿性素材について防水透湿性素材について

防水性を高める!=蒸れるというのが少し前までは常識でした。
しかしGore-texという画期的な新素材が登場し!アウトドアシーンに革命を起こしました。

なんと水は通さないが水蒸気は通す!
Gore-texをはじめとする各メーカーが開発している防水透湿性素材は細かな穴があいており、
この穴のサイズが 分子の大きさが小さい水蒸気は通すけど、分子が大きい水は通さないという
微妙なサイズでできています(ミクロの世界ですね〜) 。

先ほどの撥水、防水の話にもどすとGore-texは防水透湿性素材であり、
それ自体は水をはじきません。水をはじく加工をしている生地の裏(内側)にラミネートされています。
そのGore-texのさらに内側にもう一層ラミネートされているのが3層(レイヤー)ゴアテックス、
ラミネートされていないのが2レイヤーゴアテックスといい、
他社製素材(オムニテック@columbia、Helly tech@Helly Hansenなどなど)でも
3層(レイヤー)とか2層(レイヤー)といいます。
3層構造ファブリックスは、軽量で柔らかく、スポーツ・ウエアや街着として。
3層構造ファブリックスは、本格的なバックパッキング、クライミング、登山など、
より厳しい環境下での着用に適している・・・らいしす
(ゴアテックスのページより抜粋)

また透湿性とは通気性があるという話ではありません。
初期のゴアテックスは通気性があったという話も聞いたことがありますが、
今のゴアテックスは違います。水蒸気(蒸れた汗の水分)を通すのです。
なので肌に直接ゴアテックスのアウターが触れる状態ですと汗の水たまりが、
ゴアテックスの穴をふさいでしまい、十分な効果が得られないそうです。

結論としてGore-tex等の恩恵を最大限にうけるには ファーストレイヤー(インナー)と言われる
速乾性素材を使った肌着を着るわけです(詳しくはレイヤリングで特集予定(こればっか 苦笑))。

ちなみに現在防水透湿性素材で最強といわれているGore-texの種類で最強はGore-tex XCRという素材であり、
水圧45,000mm以上、透湿性13,500(g/m2/24h)というスペックです(調べられた範囲です)。
透湿性においてはモンベルのフリーズドライテックなどは15,000(g/m2/24h)各社しのぎを削っているようです。

さらに詳しく知りたい人は 検索エンジンで「防水透湿性素材」とかで検索してみたり、

ジャパンゴアテックスのゴアテックスファブリックのページ

ジャパンゴアテックスのゴアテックスファブリックのFAQなどがおすすめです。

Home | SiteMap | Copyright (c) 2004〜2008 yukinchu.com. All Rights Reserved